社内のみで研修を行うメリット

社内から講師を探して研修を行う

社内で社員研修を行いたいと考えている経営者の方も多くいます。しかし講師の方を呼ばなくてはならないので、費用の部分を気にしてしまいなかなか研修を行えない方も多いです。講師の方を呼ぶ費用を確保できない場合は、会社の中から講師ができる人を数人ピックアップして、依頼をしてみると良いです。会社の中の人に講師をお願いすると、研修も社内も活気が出てくるメリットがあります。この方法で行っている会社は非常に多くあるので試してみると良いでしょう。

会社のレベルが高くなります

社内から講師を出すと教える側にも教わる側にもメリットがあります。教える側のメリットは、人になにかを教える経験ができる部分になります。人に教えるのが苦手な方もいますが、それでは後輩を育てれないままになってしまいます。教え方が上手い上司がいればその部署のレベルは高くなりますし、会社全体のレベルも上がります。また教わる側も知っている方が講師になるので、社員研修に参加をしやすくなるメリットがあります。このような理由で活気が出てきます。

費用を削減できるメリットがあります

会社としてのメリットは頻繁に研修を行えるようになる部分ですし、費用がかかりにくくなる部分もあります。仕事の中で講師をしてもらうのですが、講師を勤めたら1回につきいくらか手当てを付けてあげると、教える側もやる気を持って行ってくれるようになります。またその部署内または部門内で研修を行えるようになるので、スペシャリストを育てれるようになります。費用を削減できる部分が一番のメリットになりますが、他にも細かなメリットがあると覚えておくと良いです。

管理職研修はマナーや営業経験の豊富なプロ講師の手によって一日か二日の短期的で効率的に実施出来るので、コストを掛けて導入する企業が増加しています。