自営業者の注意点!その三つのポイントとは

自営業者は限界があります

自営業者は仕事をするためのリソースに限界があります。仕事があることはとても有難いですが、基本的には自分一人か家族などでやっているわけですから、その分の仕事しか出来ないわけです。大量に仕事を受けられるほどの人員を確保していないこともあります。これはある意味では仕方ないです。拡大経営はリスキーでもあるからです。そこは注意するべきですし、リソースを増やそうするのはどうしても自営業者では一大決心になります。

仕事があることは素晴らしい

自営業者とはサラリーマンではなく、自分で仕事を取ってくるようになります。そこでコネでもなんでも活用するべきでしょう。仕事があることは素晴らしいのは確かです。サラリーマン時の寝る間もない忙しさよりも自営業者のほうがよい、という人も多いです。完全に自分の為にやっているからです。それこそが自営業者のやりがいの一つであるといえます。自営業者であるならば、受けれる仕事はすべて受けたいと考えるでしょうが、リソースには限界があります。

自分でやらないといけないこと

大抵の企業では、仕事は細分化されています。営業が経理をすることはない、ということです。また、その逆もないです。しかし、自営業者であれば、そのどちらも自分でやる必要があります。それが自営業者の大変な点の一つでもあります。経理に関してはまずは学んでおいた方がよいでしょう。独立して働くのであれば、これはどんな場合でも必須のスキルであるといえます。それこそがお勧め出来るスキルの一つになっているといってもよいほどです。

営業所や店舗を独立開業する際に、既存のグループに参加して経営ノウハウや物流ルートを活用する方法のひとつがフランチャイズです