フランチャイズ経営のポイント!契約内容の違いとは

同じ業種であろうとも

一言にフランチャイズといっても、色々と違いがあります。同じ業種であろうと契約内容がまったく違うことになります。ですから、はっりいって、色々なフランチャイズ本部の契約内容を見て回ることが重要になります。これは少しでも良い条件で商売をする為には必須です。例えばコンビニをしようとしたとしてもどの会社にするのか、ということでかなり違いが出てきます。これをよく理解しておき、情報を集めることにまずは専念するとよいでしょう。

条件によって違うことが多い

コンビニに限って言えば、自分の土地があるのか、或いは家屋があるのか、ということによって、かなり契約内容を変えていきます。ロイヤリティすら違うことになりますから、万人に同じやり方で契約をしているわけではないです。企業なわけですから、それは悪いとはいえないです。交渉次第で細かいところを変えてもらうことができる余地があるわけです。そして、良い立地であればフランチャイズ本部としても条件を緩和してでもやって欲しいわけです。

独自性が出せないのが難点

フランチャイズで起業をすることは、一見して良いことばかりに見えますが、基本的にはネックもあります。それこそが独自路線ができないことです。これは仕方ない側面があります。画一化されたサービスであるからこそ、フランチャイズであることに意味があるわけです。そこが難しい判断になりますから、注意した方が良いでしょう。経営の柔軟性に関しては、フランチャイズは通常の起業よりもやや劣ることになります。それでもよい点は多いです。

ある会社の業務や取引をその会社にかわって受けおっている店のことです。旅行、保険、広告、販売代理店など身近にあります。