失敗しない独立開業!脱サラしてお店を出すときには代理店契約が無難

代理店契約なら初期費用が少なくて済む

脱サラをして独立開業をすると、給与収入の制限がなくなります。事業が軌道に乗れば乗るほど、オーナーの収入もアップしていくわけですよ。給与収入である限りは年収1000万円台がやっとかもしれませんが、開業オーナーになればそれ以上の年収を得ることも可能になりますね。ただ、独立開業への道は険しいです。代理店契約をして、初期費用を抑えるなど工夫をしなければ、開店までに数年の歳月がかかってしまうこともあるでしょう。

本社が商品開発から宣伝まですべてしてくれる

代理店契約の素晴らしい点は、本部が商品開発も宣伝活動もすべてやってくれるという点にあります。代理店のオーナーは、お店のことだけを考えていればいいので非常に楽です。まったくの初心者でも、すぐに魅力的な商品ラインナップが用意できます。個人で事業を営んでいると、全国的にCMを打って宣伝をすることはまず不可能でしょう。大手と代理店契約を結べば、そうした活動もすべて本部のプロたちがやってくれます。ただ、その分ロイヤリティはかかります。

初年度から事業を軌道に乗せることができて便利

大手企業の代理店をやっていると、その企業のブランド力までもがフル活用できます。すでに知名度があるところから事業をスタートできるので、初年度から十分な成功を手にすることも可能でしょう。立地の良さによって業績に変化があるのは当然ですが、一人で一から何かをするよりはずっと有利な状況でスタートが切れます。脱サラをして絶対に失敗したくないのであれば、大手企業と代理店契約を結んで、ノウハウを鍛えるのがセオリーでしょう。

代理店に頼めば商品やサービスをすぐ提供することができます。なので代理店の募集している会社は多々あります。